着物の手入れについて

着物のシミの落とし方

着物に万が一シミが付いてしまったら、早めに対処するのがコツです。時間が経つと汚れがこびりついてしまうため、出来るだけ早めに対処してください。簡単な汚れなら固く絞ったタオルで拭くだけでも汚れが落ちることがあります。汚れによってはシミが広がるため、裏側に布を当てて表から濡れタオルで叩くようにして汚れを落とします。汚れは拭き取るのではなく、反対側の布に移し取るようなイメージです。
シミをつけたら、糸でマークしておき、早めに専門店に持って行きます。どんなシミなのかによっても対処方法は異なるため、何をこぼしたか覚えておいて下さい。目立たない場所や小さなシミなら家庭でも対処する事は出来ます。
水生のシミなら濡れタオルで叩くだけでも大抵は薄くなります。それでも落ちなかったら、中性洗剤を薄めたものをタオルに付け、同じように叩くようにして落としてみましょう。油性のシミにはベンジンがよく利用されています。ベンジンは生地を痛めることがあり、できれば目立たない箇所で一度試してから行なうようにしてみて下さい。難しいと判断したら、無理せずに専門店に出したほうが確実でしょう。ベンジンも同じように上から叩いて汚れを移す様にシミを取ります。