着物の手入れについて

夏の着物のお手入れ方法

夏に着物を着ると、どうしても汗をかいてしまうため、汗ジミが気になってしまいます。着物の素材が絹である事も多いため、家庭で丸洗いする事はできません。夏に着物を着る場合、何度か着たら洗濯に出さなければならないでしょう。お手入れを簡単にしたい場合は、本格的な着物よりも木綿で出来ている浴衣のほうがお手入れはしやすくなります。
着物に汗が付いても乾くとシミは殆ど見えなくなります。汚れが取れたわけでは無く、シミはまだ残っていて目立たないだけです。白いTシャツを着たときに、だんだんと黄ばんでくることがあると思います。これも汗ジミによるもので、その時は目立たないのですが時間が経つと黄ばみになってしまいます。Tシャツの場合は洗濯でしっかりと汗ジミが落ちなかったためですが、着物の場合は洗濯方法に問題がある事が多いのです。
着物は基本的に水洗いは行なわず、ドライクリーニングになります。汗ジミは水によく溶ける特徴を持っています。本来なら水洗いすべき所、絹と言う特性のためドライクリーニングとなります。クリーニングに出しても水洗いを行なったわけでは無いため、後々汗ジミが目立ってくることがあります。汗をかいたときには、必ず汗取りをプラスしてください。