着物の手入れについて

着物の手入れの基本的なこと

着物は毎回洗うものではないため、日頃の手入れ方法によっては持ちが全然変わってきます。状態が良いものでは100年持つ着物もあり、手入れがとても大切です。毎回洗う事は不要でも、1回着るごとにちゃんと手入れをしてからタンスに入れるようにすると、長持ちする着物となります。基本的なことをまずは覚えておきましょう。
1回着物を着ただけでも目立たないシミや汚れが付着している事も多いです。皮膚が付きやすい箇所はタンパク汚れが付き易く、1回だけでは汚れが目立たなくても、時間が経つと変色してしまうことがあります。着物を着たあとは直ぐにタンスにしまうのではなく、ハンガーにかけて陰干しします。夏以外でも人は汗をかいているもので、着物の湿気を飛ばす必要があります。最後にシミがないかチェックしてから、タンスにしまうと良いでしょう。特に汗をかいたときは後々の変色に繋がるため、簡単なお手入れを行なってからしまったり、専門店に出して洗ってから片付ける事です。
着物を1回着ただけでいちいち洗濯に出していたのでは、面倒ですし費用もかかるため、多少のシミは自分で取り除けるよう知識をつけておくことをおススメします。シミの種類によって対策方法が異なっています。

関連情報